スポンサーリンク

日本で買える台湾・アジア周遊格安SIMカードTrue TRAVEL ASIA SIMが使える

また台湾に行く用事が出来たので、今回はTrue TRAVEL ASIA SIMというSIMカードを日本のAmazonで購入し、持参してみました。前回使ったAISのアジア周遊SIMカード AIS SIM 2 FLYと同じく、タイの通信会社のSIMカードみたいです。

スポンサーリンク

True TRAVEL ASIA SIM

True TRAVEL ASIA SIM

僕が買ったのはこれ。Amazonで1400円ぐらい。8日間で4GBまで使えるというタイプですね。利用可能な国は韓国、香港、中国、台湾、日本、シンガポール、インドネシア、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、マカオ、フィリピン、カタールといった感じみたいです。SIMカードのサイズもナノ、マイクロ、通常と3サイズに対応。問題なしですね。

スポンサーリンク

True TRAVEL ASIA SIM説明書

True TRAVEL ASIA SIM説明書
こんな感じの説明書がついてきます。Android、iPhoneの両方の設定方法が載っているのでわかりやすいですね。まあ、SIMカードを差したらあとは「TRUE」というAPNを選べばなんとかなるみたいです(笑)。

スポンサーリンク

True TRAVEL ASIA SIM設定方法

APN TRUE-H INTERNETを選ぶ
で、台湾の空港でさっそくSIMカードを差してみると、こんな感じでAPN設定画面が表示されました。「TRUE-H INTERNET」を選択してしばらく待つと……

タイ語のMMSが届く

タイ語のMMSが届く
タイ語のMMSが届く
こんな感じでタイ語(?)のMMSが何通か届き、その後、SIMカードがアクティブ化されました。

台湾・中華電信にローミング接続

中華電信にローミング接続
アクティブ化されると、台湾では「中華電信」というキャリアにローミングで接続されるようになります。ローミングされる各国のキャリアは以下の通りのようです。
韓国:SK Telecom
香港:3
台湾:Chunghwa(中華電信)
日本:docomo
中国:China mobile
シンガポール:Starhub
インドネシア:Indosat
これでいったんアクティブ化されたら、もう何の問題もなくデータ通信できて超快適でした。テザリングでPCや他のスマホでもデータ通信できるし、なかなか便利でしたよ!

ちなみに使用したSIMフリースマホはHuawei P9 LITEというやつでした。2万円ちょっとで買える割には高性能。最悪、海外旅行で盗られたり紛失したりする時のことも考えるとこのぐらいのやつの方が安心かもしれませんね(笑)。

日本ではドコモにローミング接続

日本ではドコモにローミング接続
日本に帰国後、まだSIMカードを差したままにしていたら、ドコモにローミングされていました。「日本でのローミングは不安定になることがある」という注意書きが商品にはついていましたが、試しにデータ通信してみても特に問題なくアクセスできているようでした。これだったら、日本にいるうちからアクティブ化してしまうのも有りかもしれませんね。現地についてからSIMカードを買うのもいいんですが、カウンターに行ったりあれこれ手続きするのも面倒なので、日本でサクッと買えてしまうこのSIMカードはなかなかいいと思いますよ! おすすめです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする