フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』でお寿司を食べる

スポンサーリンク

世界で大人気の日本食。中でも、お寿司は一番人気。世界各地に寿司レストランがたくさんあって、いろいろと現地風にカスタマイズされていて楽しいですよね。今回のフランス旅行では、パリのサンジェルマン界隈で見つけた『Sushi West』というお店に入ってみました。

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』
お店はサンジェルマン界隈のおしゃれな場所にあります。

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』
お店の見た目はこんな感じ。おしゃれ!

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』店内
店内は白を基調にして、とても清潔感があります。店員さんもフランス人ばかりでアジア系の方はおらず。寿司レストランって言われなければ、カフェ・バーかと思っちゃうかもしれません。お客さんも現地の方ばかり。大学がたくさんある場所柄、若い方が多かったです。みんなコカ・コーラとかオレンジーナとか炭酸飲料飲みながらお寿司食べてました。すごいなー!

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』メニュー
メニューと割り箸。フランスでもちゃんと『おてもと』って書いてあります。

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』メニュー
メニューの中身はお店HPのキャプチャーで。
セットメニューはだいたい10ユーロくらい。一般的なnigiri(握り寿司)やmaki(巻き寿司)、焼き鳥以外にも、『Les dumburi(どんぶり?)』『Les shirashi(ちらし寿司?)』などの文字も書かれてますね。とりあえず、握りのセット、握りと巻きのセット、どんぶり、焼き鳥などをオーダーしてみました。

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』サラダ
セットメニューには前菜というかサラダがついてきます。キャベツのニンジンをお酢でマリネ的にしているやつですね。胡麻の風味がなかなか美味です。

スポンサーリンク

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』握り寿司セット

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』握りセット
握りのセット。サーモン、アボカド、玉子(フランス語ではomelette・オムレツ)のセット。フランスのお寿司屋さんではサーモンが一番偉いので、たくさん入っています。注目すべきなのは、お寿司のセットに別途白米がついてくるところ。これ、以前にフランスに来た時に体験してぶったまげたんですが、このやり方が定番みたいなんですよね。阪のお好み焼き定食よりも衝撃的!!

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』握りセット
フランス語でSushi Omelette。玉子寿司だけど日本風の厚焼き玉子じゃなくて、薄焼きにした玉子を巻いてシャリの上に乗せています。非常に工夫を感じる一品ですね。

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』握りセット
白米は日本風のお米でした。タイ米やカリフォルニア米のような長細いタイプのお米じゃないんですね。シャリも含めて、ちょっと柔らかめに炊かれていました。これもフランス風なのかな?

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』醤油
テーブル上にはお醤油が2種類。フツーの塩辛い醤油と、砂糖入りの甘い醤油です。『H』って書いてある長い瓶に入っているのが甘い醤油でした。テリヤキソース的なノリで、この甘い醤油を白米にぶっかけて食べるのがこっちの流儀みたい。試してみたら、これはこれでなかなか美味しい!

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』MAKI&NIGIRIセット

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』MAKI・NIGIRI
こっちはMAKIとNIGIRIのセット。MAKIは裏巻きです。もちろん、これもセットなのでサラダと白米がついてきます。

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』焼き鳥

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』焼き鳥
フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』焼き鳥
これは焼き鳥。とは言っても鳥肉じゃなくて、マグロを串焼きにしたやつです。串焼きは他に、鳥肉・サーモンなどがありましたね。2本で7ユーロくらい。甘い醤油をかけていただきました。

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』dumburi

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』dumburi
で、これがdumburi(どんぶり)。なんだかよくわからない麺の上に、お刺身、きゅうり、アボカドがのっています。これはだいぶ予想と違うぞ・・・別皿のゴマだれおよび卓上のお醤油などを入れて、よーく混ぜて食べるみたいです。

フランス パリ サンジェルマン『Sushi West』dumburi
dumburiを混ぜてみたところ。この麺、中華麺とも違うし日本そばとも違うし、なんとも言えない食感と味の麺なんです。」店員さんにも聞いてみたんですが、『noodle』としか教えてくれませんでした。なんだろうなー。なんでコレがどんぶりなんだよって思っちゃいますけど、あくまでも『dumburi』ですから問題ない!郷に入っては郷に従えですね。

出てきた料理をひと通り食べてみましたが、味も盛りつけも以前にフランスで食べたものとは比べ物にならないくらい洗練されてました。
あれこれ食べて全部で40ユーロくらいだったから、お値段も(パリの中では)お手頃ですよねー。dumburiっていう新しい発見もあったし、超興味深い体験ができちゃいました。

<おまけ写真>フランスのスーパーで見つけた日本食たち
フランス スーパー 手作り寿司キット
お寿司づくりキット。海苔、寿司米、わさび、醤油、ガリ、寿司酢、巻き簾などがセットになっているみたい。これであなたもスシ・シェフ!

フランス スーパー 焼き鳥キット
焼き鳥づくりキットもありました。焼き鳥ソース、醤油、鳥肉、胡麻に加えて、『Ramen(ラーメン)』も入っている。謎!

フランス スーパー パック寿司
パリのスーパーで売っていたパック寿司。これで10ユーロくらい。

フランス スーパー パック寿司
こっちもスーパーで売っていたお寿司。よーく見ると、お醤油がプラスチックのお魚の容器に入っている!あの容器、フランスでも作っているのかな?
SURIMI(カニカマ)
フランス人もカニカマ大好き!『SURIMI(すり身)』っていう商品名で売られています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする