スポンサーリンク



日本で買えるヨーロッパ用格安SIM Threeプリペイドが超便利

海外旅行に行く際、いつもは事前に現地用のWifiルーターを借りて、滞在中はそれでデータ通信をしていましたが今回は現地で使えるSIMカードを手配。SIMフリーのスマホに入れて旅してみました。事前に日本のamazonでThreeというイギリスの通信会社のプリペイドSIMカード12GBというのを買って持っていったんですが、これが強烈に安くて便利で最高でした!

Three データSIM プリペイド12GB
今回持っていたThreeのデータSIMカード。有効期限30日間で12GBまでデータ通信できるというものです。

スポンサーリンク

Three プリペイドデータSIM 12GB


旅行前に日本のamazonで購入。12GBで6500円ぐらいでした。これだけあれば、動画をガンガン見ても問題なしかな(笑)。3GBだと2500円ぐらいで買えます。短い滞在なら3GBでも十分かもしれないですね。到着してから現地のお店で手配するよりも、日本で買っておいた方が、着いてすぐに使えて便利ですよ♪ 1GBなら1900円ぐらいでゲトれます。


12GBで3400円で売られているものもありました。こっち買えばよかったな~。数量限定みたいなので、お早目にどうぞ!

スポンサーリンク

Three プリペイドデータSIM 設定マニュアル

Three プリペイドSIM 設定方法
購入したSIMカードには日本語で設定のマニュアルがついています。基本的には現地に到着したらスマホにSIMカードを入れて、アクセスポイントで「three.co.uk」を選択してやればOK。イギリス以外ではデータローミングもONにしてやります。そうすると、設定のプロファイルデータがスマホに届くので、設定画面でその設定をONにしてやれば通信できるようになります!


ちなみに使用したSIMフリースマホはHuawei P9 LITEというやつでした。2万円ちょっとで買える割には高性能。ヨーロッパはスマホ盗まれる場合もあるので、盗まれても悔しくない端末を持っていった方がいいかもしれませんね(笑)。

スペイン Movistarにローミング
僕が行ったスペインでは「Movistar」という最大手の通信会社にローミングされてました。滞在中、基本的にはどこでもつながって超便利でしたよ!

スポンサーリンク

Three プリペイドデータSIM 注意点

注意書き
SIMカードの注意点はこんな感じ。SIMカードを入れたスマホのみで通信ができる仕様です。テザリングやWifiルーターに入れての使用はできないみたい。世界43ヶ国で使用可能のようです。アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、香港など主要地域をカバーしているので使い勝手は良さそうですね。詳しくは商品ページでチェックしてください。

とにかく、日本で使っているのと同じノリでスマホが使えて超便利でした。レンタルのWifiルーターよりも安くすんだし、設定も簡単。次回からもこのSIMを手配してから海外旅行に行こうと思っています。おすすめです!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする