スポンサーリンク



格安スマホSIM mineo 初期手数料3240円を734円にして申し込む方法

いままで使っていたスマホがだいぶくたびれてきたので、買い替えを検討。ついでに携帯料金も下げようと思い、SIMフリー端末を買って、MVMOの格安SIMを契約することにしました! いろいろ検討した結果、評判が良さげなmimeoのドコモタイプに決定。さっそく契約手続きをしてみました。



契約手続きはWEB上から行います。通常、申込みをする際には契約手数料として3240円が発生するのですが、amazonなどで900円ぐらいで売っているmineo エントリーパッケージっていうのを買えば、手数料を0円にできるみたい。

さらに調べたところ、 SIMフリー完全ガイドという本にも契約手数料を0円にできるエントリーコードが付録としてついている模様。734円で本までついてきてすごくお得な感じがします! さっそくAmazonで注文してみました。

スポンサーリンク

SIMフリー完全ガイド

SIMフリー完全ガイド

SIMフリー完全ガイド
これがSIMフリー完全ガイド。mineoの初期費用0円+3ヶ月間2GB増量になるクーポンコードが付録です。これが今回の目玉!

mineoエントリーコード
mineoエントリーコード
雑誌の中にエントリーコードが綴じ込まれています。この袋とじを開くと、中からエントリーコードが書かれたカードが出てきます。

mineoエントリーコードカード
mineoエントリーコードカード
このコードをmineoの申し込みフォームに入力してやればOKみたいです。

エントリーコード入力
エントリーコード入力
申し込みフォームで「エントリーコードをお持ちのお客様」にチェックを入れて、エントリーコードを入力してやります。このまま必要事項を入力していき、契約を完了してやれば初期費用は0円で契約できちゃいます。ちょっと微妙なのが、エントリーコードを入力しているにもかかわらず、契約確認画面や申し込み受付メールなどには「契約事務手数料3240円」と書かれてしまっていること。

契約手数料3240円
エントリーコードが有効じゃないのか? と思ってmineoに問い合わせをしたら、「システム上、手数料を表示してしまっているが、請求は0円になるので間違いない」という回答がありました。紛らわしいなー(笑)。

契約画面
最終的に契約が完了してSIMカードが届き、回線が開通した段階でmineoの管理画面にログインしてから確認をしたら、こんな感じで「家電批評SIM特集本キャンペーン 初期費用3240円引き」という割引が適応されてました。よかったー! ということで、3240円の手数料がSIMフリー完全ガイドの購入費用734円だけで済んでお得になったというお話でした!




回線開通後、いろいろ試しましたがデータ通信もサクサクでいい感じ! mineo、調子いいですよ!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする